お問い合わせ

静岡県浜松市 分壌マンション管理 株式会社リアル

管理主体は管理組合

マンション環境改善のための第一歩

現在、マンション管理適正化法の変更により、マンション管理の質も大きく変わろうとしています。「マンションは管理で選べ」とまで言われる今日、皆様の住 みよいマンションを実現させるためには、まず現在のマンション管理を見直し、皆様の意思と責任で最適なマンション管理業者を選択する必要があります。

管理主体は管理組合

管理委託契約の前に

管理委託契約を交わされる際には、事前に納得いくまで管理会社に説明を求めましょう。事前のちょっとした説明で、何を行うかよく分からないまま契約を交わしてしまったとう方も多いのではないでしょうか? 現在の標準管理委託契約書で定められるマンション管理における委託業務とは、基幹事務業務・管理員業務・清掃業務・設備管理業務については必ず説明を受けましょう。 そのときのポイントは以下の通りです。

  •  
  • 通帳と印鑑の管理場所は別か
  • 管理会社倒産時に管理費の維持・保全が行われるか
  • 未納の管理費などの徴収はどのようにして行われるか
  • 定額管理委託費の内訳はどうか
  •  

契約更新の際は

もうひとつ重要なのが、管理委託契約の更新について。
契約の更新は何年ごとで、自動更新なのか総会の承認が必要なのかということを確認しましょう。
また契約書は必ず確認し、契約項目にない業務を行わないよう(不明瞭な会計の元となることが多いため)確認し、書面で残しておくというのもいいでしょう。

マンションは誰のもの?

マンション管理業者が運営を単独で行っているわけではありません。
管理会社はあくまでマンション管理の補助を行うのが本来の目的。管理会社を選ぶのも変えるのも選択権は、区分所有者であるべきです。
現在、マンション管理委託契約の変更を行おうとした際に、管理会社から契約変更・解約が難しいと説明を重ねられ、あきらめざるを得なかったというケースもあるようです。実際はこれまでお話してきたように、皆様の手を煩わせることなく管理会社は変更できるのです。
より良いマンションライフを実現していただくために、皆様には毅然とした態度と、総合的な判断力を持って、お選びいただきたいと思っております。また、当社はその変更の手続きを円滑に進められるよう、企業努力しております。