お問い合わせ

静岡県浜松市 分壌マンション管理 株式会社リアル

マンション管理会社適正チェック

対応が遅い… 提案をしてくれない… 等々、現在の管理会社に不満はありませんか?
建築当初、管理組合は管理会社を選ぶことが出来ませんが、今は“管理組合が管理会社を選ぶ”時代です。
現在の管理会社が適正であるのか、以下の項目に沿ってチェックしてみましょう。

※記入用チェックシートはこちら(PDF)をご利用下さい

※記入用チェックシートはこちら(PDF)をご利用下さい

Q1 フロントマン(担当者)に不満はありませんか?

マンション管理業界はフロントマンの当たりはずれが大きい世界です。
管理会社のサービスの質はフロントマンで決まると言っても過言ではありません。

チェックポイントはこちら

  • 有資格者(管理業務主任者)ではない
  • 経験が浅い(1~2年)
  • フロントマンと連絡が取れにくい
  • フロントマンの巡回頻度が少ない(月1回見かける程度)
  • 提案力に欠ける(未解決問題が多い、知識・情報の不足)

Q2 月次報告書の提出、問題報告がきちんとされていますか?

業務報告書はマンションの状態を記録する重要な管理書類です。
業務報告だけでなく、マンションで起こっている様々な問題をタイムリーに報告し改善に導くことも管理会社の仕事の一つです。

チェックポイントはこちら

  • 管理員の勤務記録が残っていない
  • 清掃業務・設備点検・修繕工事の報告書が提出されない
  • 毎月の月次報告書が翌月末までに提出されない
  • 入退去者および区分所有者変更の報告が無い
  • マンション内でのトラブルについて報告が無い

Q3 精度の高い議案書が作成されていますか?

管理会社によって議案書の内容は様々であり、その会社の品質力や知識・経験・情報量が問われます。

チェックポイントはこちら

  • 各議案の趣旨について説明がなく、分かりづらい
  • 明確な議案内容が無くフリートークで済まされてしまう
  • 理事長(会)承認の無い議案を上程される

Q4 修繕業務に計画性がなく、指摘箇所が放置されていませんか?

マンションの資産価値を維持していくためには、将来を見据えた修繕計画と企画力が必要です。

チェックポイントはこちら

  • 異常にコストの高い修繕が提案される
  • 長期修繕計画書が作成されていない
  • 大規模修繕工事の内容、施工業者の決め方が不透明

いかがでしたでしょうか?
各チェック項目で2つ以上当てはまった場合は要注意です。一度管理会社の見直しを検討されてはいかがでしょうか?

管理会社変更までの流れについてはこちらをご確認下さい。 → ご依頼までの流れ